2019年7月のドル円:上げ渋り/月末の米FOMCに向け利下げ織り込み

2019年7月のドル/円は上げ渋る展開を予想します。米中首脳会談で貿易交渉の決裂は回避され、円売り先行でスタートする見通し。ただ、米経済指標の下振れで月末の連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げを織り込む動きとなり、ドルは徐々に軟化しそうです。

米中交渉の決裂回避を好感

6月28-29日に大阪で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせ、米中首脳会談が行われ、通商協議を継続していくことで一致しました。米トランプ政権は中国に対する「第4弾」となる制裁の発動を延期。両国の主張に隔たりはあるにせよ、交渉決裂という最悪の事態が回避されたことでリスクオンのムードが広がり、7月は円売り優勢でスタートを切りそうです

米経済指標の下振れで利下げを意識

ただ、7月5日発表の雇用統計うち労働賃金、11日の消費者物価指数(CPI)など米経済指標が低調な内容となれば連邦準備制度理事会(FRB)が7月30-31日に開催するFOMCでの利下げが意識され、次第にドル売りに振れやすい地合いとなる見通し。政策金利の引き下げは現時点で25bpとの見方が多いものの、データが想定を下回れば50bpの引き下げも警戒されるでしょう。

英「ジョンソン政権」でポンド売り

一方、イギリスのメイ首相の退陣に伴う保守党党首選は、ジョンソン前外相とハント外相の2人に絞り込まれ、党員投票を経て7月22日の週に決定する見込み。最有力候補のジョンソン氏が勝利の場合、合意なき欧州連合(EU)離脱への思惑からポンド売りが強まりそうです。クロス円も弱含む公算ですが、ポンド/ドルやユーロ/ドルの下落で結果としてドル/円は下支えされる場面もあるでしょう。

参院選は無風で影響は限定的に

ただ、トランプ大統領も「アメリカの政策金利は高すぎる」などとFRBへの批判し続け利下げ圧力を強めており、当局も対応せざるを得ない状況に追い込まれそうです。経済指標の大幅改善がみられなければ、7月のFOMCの声明やその後の議長会見では年内複数回の利下げを示唆する内容になりかねず、ドル売りが進む可能性があります。

なお、7月21日投開票の日本の参院選は、野党の弱体化を背景に自公政権の敗北は想定し肉状況です。与党の現有勢力維持が見込まれるため、市場への影響は限定的となるでしょう。

主な注目材料(日本時間)

■7月1日(月)
08:50 日4-6月期日銀短観
10:45 中国 6月財新製造業PMI
16:55 独6月製造業PMI、失業者率
17:00 ユーロ圏 6月製造業PMI
22:45 米 6月製造業PMI
23:00 米 6月ISM製造業景況指数
■7月2日(火)
13:30 豪準備銀定例会合
■7月3日(水)
10:45 中国 6月財新サービス部門PMI
16:00 トルコ 6月消費者物価指数
21:30 米5月貿易収支
22:45 米6月サービス部門PMI
23:00 米5月製造業新規受注、 6月ISM非製造業景況指数
■7月5日(金)
21:30 米6月雇用統計
■7月8日(月)
15:00 独5月鉱工業生産、貿易収支
■7月10日(水)
10:30 中国6月消費者物価指数、生産者物価指数
17:30 英5月月次国内総生産、鉱工業生産、製造業生産、貿易収支
23:00 カナダ銀行定例会合
27:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
■7月11日(木)
15:00 独6月消費者物価指数
21:30 米6月消費者物価指数
■7月12日(金)
時間未定 中国 6月貿易収支
21:30 米6月生産者物価指数
■7月15日(月)
11:00 中国6月小売売上高、鉱工業生産、4-6月期四半期国内総生産
■7月16日(火)
07:45 NZ4-6月期四半期消費者物価指数
17:30 英6月失業率
21:30 米6月小売売上高
22:15 米6月鉱工業生産、設備稼働率
■7月17日(水)
17:30 英6月消費者物価指数、小売物価指数、生産者物価指数
18:00 ユーロ圏 5月建設支出、6月消費者物価指数
■7月18日(木)
時間未定 南ア準備銀定例会合
10:30 豪6月雇用統計
21:30 米7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
■7月23日(火)
22:00 米5月住宅価格指数
23:00 ユーロ圏7月消費者信頼感
■7月24日(水)
16:30 独7月製造業/サービス部門PMI
17:00 南ア6月消費者物価指数
17:00 ユーロ圏7月製造業/サービス部門PMI
22:45 米7月製造業/サービス部門
■7月25日(木)
17:00 独7月IFO企業景況感指数
20:00 トルコ中銀定例会合
20:45 欧州中央銀行(ECB)理事会、総裁会見
21:30 米6月耐久財受注
■7月26日(金)
21:30 米4-6月期四半期実質国内総生産・速報値、4-6月期四半期コアPCE・速報値
■7月30日(火)
日銀金融政策決定会合/政策発表、終了後、総裁記者会見
21:00 独7月消費者物価指数
21:30 米6月個人所得、個人消費支出
23:00 米7月消費者信頼感指数
■7月31日(水)
10:00 中国 7月製造業PMI
10:30 豪 4-6月期四半期消費者物価
18:00 ユーロ圏 6月失業率、4-6月期四半期域内総生産・速報値、7月消費者物価指数
27:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
27:30 米パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
(日程は変更になることもあります)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする