【TRY】トルコリラ安を止める方法

 米連邦準備制度理事会(FRB)による12月利上げがほぼ確実視されるなか、新興国通貨の下落が止まりません。足元では複数の通貨が史上最安値を更新中です。このうち、トルコリラは下げ止まる気配さえ感じられず、目先もインフレ圧力がかかり続ける可能性があります。この通貨の下落を止める方法を考えてみましょう。
 11月1-2日に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によると、複数のメンバーから次回12月13-14日の会合での利上げが言及されたもようで、市場では引き締めを織り込んだドル買いに振れています。対照的に、新興国通貨は売りが継続。ある市場筋は通貨安が通貨危機に発展しないか懸念しているようです。特に、トルコリラは2.8-3.1リラのレンジ内で推移していましたが、11月8日の米大統領選以降、次期政権の景気刺激策への期待を背景とした米債利回りの上昇で3.15リラ台から3.45リラ台まで10%近く下落しています。
 トルコは経常赤字国で、国内市場や国民生活にどのくらい輸入品が浸透しているかを示す消費財の輸入浸透度が高く、通貨安はインフレ率の上昇に直結しやすい特徴があります。一方、輸出に関しては方面別で低成長に悩む欧州連合(EU)向けのシェアが高く、通貨安による輸出価格の上昇メリットは享受するのが難しい状況です。つまり通貨安になるとメリットよりもデメリットが上回り、実体経済への悪影響が意識されてさらに通貨安が進む可能性があるでしょう。
 だからこそ、トルコ中銀は11月24日の会合で、エルドアン大統領が利下げは不十分と指摘したのに、市場の予想に反し1週間物レポ金利と翌日物貸出金利の引き上げに踏み切ったのです。市場では10月に続き3つの金利は据え置きが見込まれていました。トルコリラはこのサプライズ利上げでリラ安は一服。しかし、すぐにリラ売りは再開し3.47リラまで押し下げられます。足元では3.45リラ付近で推移していますが、12月2日発表の米11月雇用統計、同13-14日開催のFOMCに向けドル買いが強まる見通しで、リラの最安値更新は続きそうです。
 EUの欧州議会は11月24日、昨年再開したばかりのトルコのEUへの加盟交渉について凍結するよう加盟各国に求める決議案を圧倒的多数で可決しました。今年7月に発生したクーデター未遂事件や、その後のエルドアン政権の反政府勢力への対応が独裁色を強めていることが背景にあります。エルドアン大統領はEUへの移民流入を抑制する見返りに加盟交渉再開にこぎつけるなど外交上うまく立ち回ってきましたが、やはりクーデター未遂事件がじわじわ効き始めています。7-9月期の鉱工業生産がマイナスに転じるなど、経済への影響もみられます。
 トルコの国債利回りとCDSは7月以降、上昇基調が続きカントリーリスクが指摘されています。金利の上昇で投資家を引き付ける本来の市場環境を政治情勢が邪魔しているようにみえます。トルコリラ安を止める方法はドル高を抑えるか、リラ安を食い止めるかのどちらかです。前者は米金融政策については不透明ながら、トランプ米次期大統領の最初の年で景気対策などへの期待を背景としたドル高が見込まれ、可能性は低いでしょう。そうなると、政治情勢の不透明感払しょくに有効な後者、つまりエルドアン大統領の退陣が期待されます。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする