【USD】トランプ大統領の「戴冠式」

1月20日に行われた米大統領就任式と、式典に集まった人数をめぐるトランプ政権と政権に批判的なメディアによるその後の対立をみて、唐突ながらある絵画を思い出しました。1804年のナポレオンの皇帝即位の模様を描いた「ナポレオン1世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」(ジャック=ルイ・ダヴィッド作)です。
その絵は、本来なら皇帝に即位するナポレオン・ボナパルトが教皇から冠が授けられる場面になるはずです。ところが、ナポレオンは教皇から授かるべき冠を取り上げ、自身の頭に載せる構図を画家に描かせようとしました。さすがにそれだと傲慢で市民の反感を買うとの判断から、最終段階で妻ジョセフィーヌに冠を授けるシーンに変更したのです。出席者の中には欠席したはずのナポレオンの母親や兄も描かれ、多くの人から祝福されているように表現されています。写真がない時代の誇張、今風に言えばねつ造でしょう。
先日のトランプ大統領の就任式に集まった人は、メディアによると25万人でした。180万人にのぼった8年前のオバマ大統領の時と比べ、国民からはほとんど支持されていないとメディアは伝えています。政権発足時の支持率をみると1992年のクリントン、2001年のブッシュはともに60%台、2009年のオバマが80%だったのに対し、トランプは40%で史上最低とされており、就任式の人出も少なかったとしても驚きはしません。
こうした報道に対しトランプ大統領は、テレビ映像や写真は不正確だとしたうえで、「150万人くらいに見えた」などと述べています。また、スパイサー報道官は初の記者会見で、就任式の観衆としては「文句なく過去最大」と主張。「メディアが人数を実際よりも少なく発表して、いかにも支持されていないとのイメージを作り出しているのは恥ずべき真似だ」と厳しく非難しています。権力者にありがちですが、多くの人が自分を熱狂的に支持しているというムードに酔い痴れたいのでしょう。
歴史上の人物であるナポレオンと不動産王から大統領に就任したトランプ氏には、世界屈指の権力者に上りつめたぐらいしか共通点は見つけられません。ただ、ナポレオンが反対勢力への弾圧を強め、保護貿易主義を推進したことは、トランプ政権の今後を予感させます。ちなみに、ナポレオンは絵画のテーマとなった「戴冠式」をピークに人生が徐々に暗転し始め没落に向かい、やがて島流しの刑を受けます。トランプ氏が低支持率という現実を受け入れず独裁色を強めるなら、ナポレオンに似た道を歩まないとも限りません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする