【ZAR】喜望峰のような崖っぷち

 南アフリカの混とんとした政治情勢を反映するように、通貨ランドはもみあいが続いています。足元では上昇基調のドルに対し底堅い値動きですが、ズマ大統領の後継選びをめぐり政局が流動化した場合には格下げの可能性もあり、今年12月に予定される最大与党、アフリカ民族会議(ANC)の党首選まで目が離せません。
 2月9日の南アフリカ議会で、ズマ大統領の演説中にやじを飛ばした野党の急進左派「経済的解放の闘士(EFF)」の議員25人を警備員が格闘の末に取り押さえ、強制的に退場させる騒ぎが問題になりました。政治が命取りになりかねない南ア発のニュースに、身構える投資家もいたのではないでしょうか。ランドは昨年以降、上値抵抗レベルと意識される1ドル=13ランド付近を突破できるかという状況です。
 南アの政治情勢が不安視されるのは、1994年から20年以上にわたり政権与党として君臨する与党ANCの信頼が揺らいでいることにあります。アパルトヘイトを経験した世代から今なお圧倒的な支持があるとはいえ、経済の低迷を背景に最近は陰りも見えます。現在ANC党首のズマ大統領は、自宅改修に多額の公費を流用した疑惑で野党から厳しく追及され、有権者の間で早期退陣を求める声が強まっています。
 一方、EFFは、ANCで青年同盟のリーダーを務めたジュリアス・マレマ氏が2012年に除名された後に結党した政党です。反資本主義を掲げ、ANCの腐敗や汚職に批判的な黒人の若年層を中心に急速に支持を広げ、野党勢力としては民主同盟に次ぐ第3党に躍進するなど、このところ注目を集めています。隣国ジンバブエが、ANCの弱体化を狙ってEFFを支援しているとの説もあります。
 2014年5月の総選挙はアパルトヘイト解放後に生まれた世代が初めて参加し、ANCは400議席のうち249議席を獲得したものの、前回から15議席を減らす結果となりました。それに対し、一方、EEFは25議席を獲得し野党の一角を占めるようになりました。また、2016年8月に行われた地方選挙(任期5年)の政党別の得票率は、ANCが54%(前回62%)、民主同盟が27%(同24%)で、初の地方選となったEFFは8%となりました。
 今後の政治日程をみると、今年12月に行われるANCの党首選が最大のヤマ場でしょう。これは2019年の次期総選挙で任期満了となるズマ大統領の後継選びで、現在はズマ氏の元妻ドラミニ・ズマ氏が最有力候補とされています。しかし、与党内ではすでに勢力争いに発展しており、ゴーダン財務相の去就もこの一環と考えられています。このことが、通貨ランドの最大の懸念要因となっています。
 南アフリカの2016年10-12月期国内総生産(GDP)は+0.2%にとどまっています。2012年以降のランド安でGDPの規模が縮小し、ナイジェリアとエジプトに追い抜かれました。景気の低迷で雇用の回復は遅れ、失業率は慢性的に20%台で高止まりしています。高利回りの南ア国債は「投資不適格級」寸前の格付けレベルで喜望峰のような崖っぷちです。外国人の保有比率が3割程度のため、負の連鎖につながりやすい特徴があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする