2018年8月の相場一覧

NO IMAGE

ドル下げ渋り、リスク許容度は低下

本日のドル/円は下げ渋る値動きとなりそうです。アルゼンチンペソの急落で新興国通貨安への懸念が強まったほか、米中摩擦の再燃で世界経済の減速に警戒感が広がり、ドルと円が買われる見通し。最終的にはドル買いとなり、ドル/円の下げは限定的でしょう。

NO IMAGE

ドル伸び悩み/米国メディアの読み方

アメリカのメディアは、トランプ大統領を何としても弾劾裁判で引きずり降ろしたいとの意図が強く、冷静さや公正さを失っているように思えます。ロシア疑惑などもそうですが、鵜呑みにせず話半分ぐらいでいいのではないでしょうか。

NO IMAGE

ドルは底堅い、動意薄は継続

本日のドル/円は底堅い値動きとなりそうです。引き続き貿易摩擦解消に向けた動きをテーマにドルと円が売られやすい地合い見通し。ただ、アメリカとカナダの交渉を見守るムードやトルコリラ弱含みへの警戒から、円売りはそれほど期待できないでしょう。

NO IMAGE

ドルは底堅い/「3期目」の安倍政権は?

本日のドル/円は底堅い値動きとなりそうです。引き続き貿易摩擦の解消をテーマにドルや円が売られ、その他の通貨が買い戻される展開。ドルは株価や長期金利、クロス円の上昇で前日よりは買いが入る見通しで、下値の堅さが意識されるでしょう。

NO IMAGE

ドルは伸び悩み、米利上げ打ち止めを意識

本日のドル/円は伸び悩む展開となりそうです。アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演を受け、今後の引き締めを見込んだドル買いは継続。ただ、早ければ来年にも利上げ打ち止めの可能性が意識され、ドル買いは小幅にとどまるでしょう。

NO IMAGE

ドル上げ渋り、週末の利益確定売りも

本日のドル/円は上げ渋る値動きとなりそうです。オセアニア通貨の下落を背景にドルが買われやすい地合いは継続。ただ、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演で、タカ派的なトーンが緩められれば利益確定売りに押されるでしょう。

NO IMAGE

ドル伸び悩み、下振れリスクを意識

本日のドル/円は伸び悩む値動きとなりそうです。米中通商協議が行われる最中に両国が制裁・報復の関税措置を発動する方向で、連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で指摘されたように、貿易摩擦の影響によるアメリカ経済の下振れが意識されそうです。

NO IMAGE

ドル円は底堅い、米中協議に向け買い余地

本日のドル/円は底堅い値動きとなりそうです。アメリカのトランプ大統領による利上げ批判やロシア疑惑再燃への懸念で売られやすい地合いは継続。ただ、今日から始まる米中通商協議への思惑が広がり買戻しが見込まれます。

NO IMAGE

ドル円は戻りが鈍い、市場心理悪化も

本日のドル/円は戻りの鈍い展開となりそうです。アメリカのトランプ大統領による連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ批判やトルコリラの不安定な値動きで売られやすい地合いとなる見通し。米中協議への期待が一服すれば、ドルの買戻しは小幅にとどまるでしょう。

NO IMAGE

ドル円は底堅い/トルコ制裁の背景

本日のドル/円は底堅い値動きとなりそうです。トルコリラの安値圏での推移が続き、警戒の円買いが入りやすい地合いとなる見通し。ただ、今週後半に予定される重要イベントでアメリカのタカ派的なスタンスが見込まれ、ドルは売りづらいでしょう。