2018年9月の相場一覧

NO IMAGE

ドル上げ渋り、FOMC控え買い慎重

本日のドル/円は上げ渋る値動きとなりそうです。アメリカ連邦公開市場委員会(FOMC)での今年3回目の利上げはほぼ織り込まれ、ドル売りは後退する見通し。ただ、来年の打ち止めに関する意見も予想されるため、積極的なドル買いは手控えられるでしょう。

NO IMAGE

ドルは下げ渋り、米中や英離脱に懸念再燃

本日のドル/円は底堅い値動きとなりそうです。米中通商摩擦は回避されるとの前週末の楽観的な見方は大幅に後退し、クロス円は売り先行。日米通商協議(FFR)も円買い要因に。ただ、ブレグジット問題などで安全通貨のドルの需要が高まり、下値は堅いでしょう。

NO IMAGE

ドル小じっかり、113円台が視野に

本日のドル/円は小じっかりの値動きとなりそうです。貿易環境の悪化に対する懸念が和らぎ、株高を背景としたクロス円高に押し上げられる見通し。112円台後半は売り圧力が観測され上昇ペースは緩慢ながら、2カ月ぶりの113円台が視野に入ってきました。

NO IMAGE

ドル底堅い、来週の利上げ期待で

本日のドル/円は底堅い値動きとなりそうです。米中通商摩擦などで好材料が乏しいなか、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げを見込んだ消去法的なドル買いに振れやすい見通し。ただ、リスク要因には円高で反応し、自民党総裁選の円の押し上げ効果は限定的でしょう。

NO IMAGE

ドル伸び悩み/自民総裁選後に政策修正も

本日のドル/円は伸び悩む値動きとなりそうです。具体的な手がかりが乏しいなか、長期金利や株価の上昇を背景にドル買い基調が続く見通し。ただ、米中通商摩擦による世界経済への懸念は根強く、ドル買い一巡後は円買いに押される可能性もあります。

NO IMAGE

ドルは戻りが鈍い、乏しい買い材料で

本日のドル/円は戻りの鈍い値動きとなりそうです。アメリカのトランプ政権による中国への第3弾となる制裁関税が嫌気され、逃避マネーがドルと円に流入する見通し。ただ、株価の弱含みや長期金利の低下が続けば、ドルの回復ペースを鈍らせるでしょう。

NO IMAGE

ドル下げ渋り、株価やクロス円を注視

本日のドル/円は底堅い値動きとなりそうです。米中貿易摩擦の懸念再燃で安全通貨のドルと円に買いが入りやすい地合いが見込まれます。また、アメリカの長期金利の低下を受け、ドル買いは後退する見通し。ただ、株価やクロス円が下げ渋れば円買いは限定的となるでしょう。